知床八景「知床峠」でドライブしよう!

知床峠

知床峠は斜里町ウトロの町と羅臼の町を結ぶ知床横断道路の頂上にあります。知床最高峰の羅臼岳を間近に感じ、遠くは国後島まで見渡すことが出来ます。絶景の宝庫と言っても過言ではない知床峠をご紹介!

知床峠の詳細情報

観光目安:峠のみ約1時間
    :全部で約5時間

知床峠は知床横断道路という斜里町ウトロと羅臼町を結ぶ道路の頂上、標高738mにあります!
ちなみに知床横断道路が世界遺産知床半島を横断できる唯一の道路なんですよ。

知床横断道路は自然環境の厳しさから冬期の10月下旬~4月下旬までは通行止めになっています。そのため「日本一開通期間の短い国道」と言われています。

詳しい開通状況は以下の国土交通省・北海道開発局のホームページから確認しておくと良いでしょう!
公式HP:https://www.hkd.mlit.go.jp/ks/douro_seibi/qgmend0000005e1d.html

もちろん知床横断道路が閉鎖されている期間は知床峠に行くことも出来ません。

 

知床峠には約60台分の無料駐車場と、24時間のトイレがあります。
ここに車を停めて展望台から、羅臼岳や北方領土の国後島を眺めるこができます。

しかし、それだけだと非常にもったいない!

知床横断道路は他にも絶景の宝庫なんです。ぜひ横断してみてください。
最高のドライブコースであることは間違いないですよ!!

峠で景色を楽しむのも含め1時間半もあれば知床の大自然の中をドライブしながら横断できます!

本記事では知床横断道路沿いの絶景スポットも含めてご紹介しているので、みなさんの旅の都合に合わせていけそうなところをピックアップしてドライブに活かしてみてください!

最後には、おすすめの1日ドライブコースもご紹介してます!

いざ知床横断道路へ!

今回はみなさんが宿泊している可能性が高いウトロ側からご紹介していきたいと思います。

プユニ岬

観光目安:10分

まず最初にウトロ側から知床横断道路に入ると現れてくるのが、夕陽の名所のプユニ岬です。知床八景の1つに数えられています。
見晴橋になる展望台からウトロ港や知床八景のオロンコ岩、そして眼下に広がるオホーツク海を眺めることが出来ます。冬は、この海一面に流氷が押し寄せて来るそうです。

場所はホントに知床横断道路に入る直前あたりです。
右手に旧国道の橋があるので、そこに車を停めるような形になります。

詳しく知りたい方は以下の記事も参考に!
夕陽の名所!知床八景「プユニ岬」

フレぺの滝

観光目安:1時間半

フレぺの滝も知床八景の1つに数えられる観光名所の1つです。地下水が岩盤を通って100mの絶壁からオホーツク海に流れ落ちる景色が大迫力です。水の量は少なく、ホロホロと流れ落ちる姿から「乙女の涙」と呼ばれています。晴れた風のない日には野生のエゾジカが草原に食事に来ていて高い確率で遭遇出来ますよ!

場所は知床自然センターという施設に車を停めて片道約20分歩いて向かいます。
ここもプユニ岬から5分も離れておらず、すぐに行くことが来ます。

詳しく知りたい方は以下の記事も参考に!
エゾシカだらけ!?知床八景「フレぺの滝」を歩いてきた!

知床峠山頂

観光目安:20分

知床横断道路で最も高いところが標高738mにある知床峠の展望台です!
写真のように目の前には知床最高峰の羅臼岳があります。もう6月中旬だというのに雪がたくさん残っていますね。
標高が高いせいか、風がヒンヤリして結構寒さを感じます。

展望台から羅臼方面を見ると遠くにオホーツク海が広がっているのが見えます。
その先に、ぼんやりと島があるの見えますか?

これ、北方領土の国後島なんです。
今はロシアに占領され、行けない島ですが……
こんなに身近に見えるとは思いませんでした。

  

こちらは駐車場からウトロ方面を見た景色。
西側なので夕陽で空がオレンジ色になってきています。

知床峠は9月下旬から10月上旬の秋の時期には紅葉がすごくキレイですし、春の開通直前には雪壁ウォークというイベントが行われ人の背丈を優に超える雪壁の中を歩くことが出来るそうです。四季折々を楽しむことが出来ますね。

他にも多くの野鳥がいたり、野生のエゾジカやキタキツネ、時にはヒグマもいます。
もちろん自然動物を楽しむのも良いですが、運転中は気を付けて下さいね。

熊越の滝

観光目安:1時間

熊越の滝は知る人ぞ知る超穴場スポットです。羅臼川本流に繋がる川を流れる落差8mの滝です。
この滝には名前の由来となるクマと漁師さんの伝承が残っています。
原生林の中の遊歩道を15分程度ハイキングしながら、滝を目指すのは冒険みたいで結構楽しいです。

場所は、もう羅臼町のすぐ近くですね!
羅臼ビジターセンターや熊の湯の手前ですので町が出て決まったら行きすぎだと思ってください。
駐車場は非常に狭いです。わからなかったらビジターセンターに車を停めて歩いていくのもアリですね!

詳しく知りたい方は以下の記事も参考に!
羅臼町「熊越の滝」は超穴場!歩いて来た!

番外編 熊の湯

観光目安:40分

熊の湯は羅臼川のほとりにある無料の温泉です。あけっぴろげの空間や森の中にたたずむ風合いから秘湯という表現がピッタリくる温泉ですね。地元の漁師さんや人々が体を温めにやってくる憩いの場です。ぜひ、煮えたぎるような熱々の熊の湯に浸かってみてくださいね!疲れが取れること間違いなしです。

場所は羅臼町から車で10分くらいのところにあります。
国道334号沿いに駐車場がありますので、そこに車を停めて橋を渡ったところにあります。

詳しく知りたい方は以下の記事も参考に!
【これぞ秘湯】無料で入れる羅臼町の温泉・熊の湯

まとめ

 

いかがだったでしょうか?
めちゃくちゃ見どころの多い知床横断道路!
もちろん峠だけでドライブもいいですが、せっかくなら…..
絶景たちもついでに見たいですね!

個人的には以下のプランを推奨します!

ウトロ方面から行く人!

10:00  ウトロを出発します。
      ↓
10:10 フレぺの滝へ(1時間半観光)
      ↓
12:00 知床峠山頂へ(20分観光)
      ↓
13:00 羅臼町で昼食(1時間)
      ↓
14:10 熊越の滝へ(1時間) 
      ↓
15:10 熊の湯に浸かる(50分)
      ↓  
16:00 ウトロ方面へドライブ
      ↓
17:00 プユニ岬で夕陽

知床横断道路だけで1日遊べちゃいますね!!
ちなみに羅臼の昼食はここがおすすめですよ!

タラバガニをもつ男性

【食という体験】羅臼町濱田商店でカニを食う!!

2018年11月2日

コメントを残す