フレペの滝は歩いて見に行こう!野生のシカに会えるかも!?

フレペの滝

観光時間の目安:1時間半

断崖絶壁をホロホロと水が落ちる姿から乙女の涙と呼ばれるフレぺの滝。
道中ではとにかく鹿だらけの鹿祭り!笑
道も整備されていて気軽にハイキングしながら絶景が見れるので超オススメです!

知床連山を撮るおばあちゃん

フレペの滝へは知床連山を背景にしたこんな絶景の草原を歩いて向かいます。

なんか、この道を歩いているだけで既にフレペの滝に来てよかったなって思えるほど爽やかな雰囲気ただよう場所なんです。

フレペの滝とは!?

フレペの滝を船から見る

高さ100mの絶壁から知床連山から流れてきた地下水が染み出し、オホーツク海へと流れ出る滝です。

年間を通して水量は少なく、そのホロホロとこぼれ落ちるような水の様子から乙女の涙と呼ぶ人もいます。

夏は気軽に緑豊かな自然を、冬には一面雪景色と滝が凍る氷瀑を見ることが出来るんです!

フレぺの滝は知床半島のオホーツク側にあります。
地図をみて「あれ道がないじゃん!?」って思った方、正解です!

フレぺの滝へは歩いていきます。

ウトロから知床横断道路を10分ほど走った場所にある知床自然センターというビジターセンターに大きな駐車場があります。そこに車を止めフレペの滝へはハイキングをしながら向かうようになります。

この遊歩道は原生林の中を歩いたり、ひらけた草原を歩いたり、様々な知床の自然を味わうことが出来ます。

知床自然センターでも1日数回の体験プログラムが開催されていて、それに参加するのも楽しいでしょう!

フレぺの滝

アクセス:知床自然センターから徒歩20分
駐車場:あり
利用期間:通年(自然センターは年末年始はお休み)
センター営業時間:夏期8:00~17:30、冬期9:00~16:00
URL:http://center.shiretoko.or.jp/

知床自然センター

知床自然センター

まずは知床自然センターに行きます!
ここでは知床の自然の見どころやヒグマとの遭遇情報、注意すべき点など知床の自然を満喫する上で必要不可欠な情報を収集していきます。

事前に知床の自然についてちょっと知識を入れておくだけでハイキングが10倍楽しくなります!

ヒグマの毛皮

ヒグマの毛皮が置いてありました!
ちょっと被ってみようかと思いましたが、さすがに1人で被っていたら変な人すぎるのでやめました。

知床自然センターの売店

他にもハイキング用品が売っていたり、

NORTH FACEと知床のコラボしたショップ

なんとノースフェイスとヘリーハンセンと知床がコラボした、ここにしかないアパレルコーナーもあります!

山系のファッションが好きな人には、めちゃくちゃアツい場所です!!
知床でしか手に入らない商品もあって僕もついつい買い物をしてしまいました。

あと、隣のコーヒーショップもオシャレで良かった。

いざ!フレペの滝へ

さて知床自然センターが意外と面白くて長くなってしまいましたが、知床自然センターの横から出てる道を抜けてフレペの滝を目指します。

知床半島の原生林

最初は、こんな感じの原生林を歩いていきます。

ちょっとガチ登山に見えてきますが、フレぺの滝へは1本道だし、道路は固められているので安心して歩いて行けます。

歩いている途中に、木の上から様々な鳥の鳴き声が聞こえてきて自然が豊かなことを感じられます。

森林浴ってホントに癒されるな〜

注意!

フレペの滝へは気軽なハイキングで行くことができます。ただし知床半島内はどこもクマに遭遇する可能性があるので、甘い食べ物やクマを刺激するようなものを持ち込まないように注意してください。

鳥のさえずりを聞きながらトトロの曲を口ずさみながらスイスイ歩いて行きます!

フレペの滝の途中の看板

10分くらい歩くと、草原に出ます!

急に視界がひらけて開放的な広場に。
風が爽やかに吹いてきて、めちゃくちゃ心地よい。

しかも風に揺られた草木が”さわさわ〜”と音を鳴らし、それがまた気持ちい。

看板を見るとフレぺの滝まで、残り500m!
ここでやっと半分ですね!

草原からは道が二手に分かれます。
結局はぐるっと1周する道なので、どちらを行っても大丈夫です!

フレペの滝の途中の草原

今回は看板に従って左回りで回ります。

ちなみに、ここで振り返ると知床連山の壮大な景色が広がっています!

フレペの滝から見る知床連山

この景色を見ながら持ってきた、おーいお茶を飲んだらすごく幸せな気持ちになれた。

きっとここでピクニックして、みんなでお弁当食べたら楽しいんだろうな。

とにかく鹿だらけ!

気持ちよく草原を歩いていると左脇の草むらから、

ガサガサ….ガサガサ……と音が聞こえてきます。

なにかと思って振り返ると

 

エゾシカのオス

出た!エゾジカです!

ちょっちょっと、いきなり近すぎません!?

さすがに、この距離はビビるよね。

しかもオスで立派な角生えてるし……

晴れた風のない日には多くのエゾシカが、この草原に草を食べにやってきます。そのためエゾシカを観察するにはもってこいの場所なんです。

目が合いましたが、また彼は草を食べることに夢中に。

エゾシカのメス

ひょこっ!

僕が驚いた声に右側にいたシカが立ち上がります。

「そっちにもいるんかい!」

しかも、めちゃくちゃ監視されてるし!
今度は角がないのでメスですね。

ホントにシカ多いな〜〜なんて立ち止まっていると…..

ガサッ!!

逃げるエゾシカ

近い方のシカが動き出しました。

なんなんだよもう!
ビビるからやめて欲しい…..!

とにかく、フレぺの滝の広場にはエゾシカが多く生息しています。
中には、こんなに近くに寄ってくるシカもいます。

エゾシカ

一体何匹いたのだろう。

そしてよく見ると草原の中はシカの糞だらけでした……

正直、何個か踏んでしまっただろう…..。

さっきまでの爽やかな気分を返してほしい。

フレペの滝に到着!

フレペの滝の小屋

気を取り直して進んでいくと、目の前に広がるオホーツク海が見えてきます!

この小屋があるところがフレペの滝のビュースポットです。

恐る恐る崖に近づいてのぞくと、ありました!フレペの滝が!

別名、乙女の涙と呼ばれるフレペの滝

ホントに岩盤から染み出してる!

川がないのに滝が流れているなんて、不思議な感じです。

この入り江も長い年月をかけてフレぺの滝が削ってきたのかな?とか思いを馳せると自然の雄大さと年月を感じられます。

この絶壁は海鳥たちの子育ての場には最適で、多くの野鳥が生息していて保護区になっています。

オホーツク海

フレペの滝越しにみるオホーツク海もロマンチックで良いですね!

この先にロシアがあるのかと思うと不思議な感じがします。流氷が迫ってくる時期にも来てみたいですね。

海から見るフレペの滝

ちなみに海側から見ると、こんな感じに見えます!

海側からの景色を見るにはウトロ港から出る知床半島を回るクルーズ船に乗ります。

ウトロのクルーズで奇跡が起きた!!世界遺産知床岬の絶景だけじゃなかった話

2019年6月4日

クルーズ船から見る知床半島はホントに絶景で、ぜひ乗ってみて下さい!  

まとめ

どこまでも続く1本道

フレペの滝までハイキングしてわかったことがあります!

まず、フレペの滝は絶景であること

また、フレペの滝までの道のりは爽やかで超気持ちいいこと

そして、フレペの滝に行く人はシカがいても気にしないこと

とにかくエゾシカだらけのフレぺの滝!
風がない日の草原には、たくさんのシカがいます。

いちいちビックリしていると疲れます!笑

でも絶景だけでなくハイキングやシカや海鳥など様々な知床の生き物を観察できるのは良いことですね!

所要時間も1時間半くらいなので知床に訪れた際にはぜひ訪れてほしい場所です!

みなさんもフレペの滝でシカに会いに行こう!

せっかくなので知床に旅をしたら他にも行って欲しいところがあります!

コメントを残す