カウアイ島で雨の日の観光にオススメ!【シダの洞窟】

シダの洞窟

「カウアイ島に行ったら、シダの洞窟に行け!」

と言われるほど人気の観光スポットがあります。

今回はハワイの島々の1つカウアイ島を旅してきました。

ついて早々・・・
僕の旅では珍しくパラパラと小雨降るどんより天気に。

カウアイ島で最も雨の少ない6月中旬でしたが、
天気予報を見ても晴れる気配すらありません。

ビーチに行きたかったけど、雨の中行ってもな~~と思っていたら・・・

んんーー!?
シダの洞窟?つまりシダってことはコケだよね?

コケだったら雨の日の方が元気じゃないかな?

という軽いノリで1発目の観光をシダの洞窟に決定。

それが大当たりだったので、今回は記事にしたいと思います。

シダの洞窟ってなに!?

シダの洞窟(Fern Grotto)はハワイ王朝時代聖域とされていた場所です。

カウアイ島の東にあるワイルア川沿いは王族の聖地となっていました。
シダの洞窟のあるワイルア川上流は王族か貴族階級や招待された人物しか入ることの出来ない聖域となっておりました。

ここでは王族・貴族階級の結婚式が行われていました。
逆さに生えたシダに囲まれた洞窟に水が滴っており神秘的な雰囲気が漂っています。

しげ
古くから、シダの洞窟の雫を受けると幸せになれると伝えられ、カップルで訪れると結ばれると有名なパワースポットになっています。

ちなみに、シダの洞窟へは陸路でのアプローチは出来ません。
そのためワイルア川の河口にあるボート乗り場から、スミス・カウアイ Smith’s Kauai が運営する観光ボートに乗船していくことが出来ます。

ワイルア川ではSUPやカヌーも楽しむことが出来ますが、観光ボート以外の上陸は許されていないのでスミス・カウアイの船に乗って行くことしか出来ないんです。

シダの洞窟へは船で行く!

ワイルア川河口には大きな駐車場のあるボート乗り場があります。

ボート乗り場には広々とした空間にトイレと小さいなショップがあります。
トイレや飲み物の購入は、ここで済ましておきましょう。

所要時間
観光も含めると約1時間半前後!クルーズは片道20分!

クルーズは20分かかりますが、川なので揺れもなく船酔いの心配もないのでご安心を!

準備が出来たらチケットを購入します。
チケット売り場は建物に入って、すぐ右手にあります。

料金
大人:25USドル(子供2~12歳10USドル)

※各種クレジットカードも使えるので安心してくださいね。

高いような気もしますが英語のガイドも付いてますし、様々な説明やハワイアンソングの生演奏が聞ける(後で紹介)を考えると、そこまで値段を高くは感じないでしょう。

いざ!船に乗り込んでいきましょう!

船は比較的大きいです。
大体50人くらいは乗れるのではないでしょうか。
恐らくそんなに大人数乗ることはなさそうです。
僕が乗船した際も14~5人しか乗っておらず、広々使えました。

船の中では早速ハワイアンソングの生演奏を行っています。
待ってる間も飽きませんね。

そして定刻になると船長が来て20分の川のぼりに出航です!

川の景色は、まさにジャングル!!

両サイドを緑の熱帯の木々に囲われて進んでいくためワクワク、ドキドキ冒険気分になります!
ワニでもいそうな雰囲気ですね(笑)

演奏の途中でシダの洞窟の歴史やハワイの歴史の解説もあります。
後半、景色などに慣れてきた頃にはフラダンスの披露や簡単なレクチャーも始まります!

なんと気が抜けないクルーズなんでしょう。
そして、あれよあれよと楽しんでいるうちにシダの洞窟近くの船着き場に到着します。

船上陸後はジャングル探検!

上陸すると「Fern Grotto」とシダの洞窟の看板が出てきます。

このタイプの看板ではハワイのビューポイントなど絶景のあるところにある定番の看板ですね。僕のブログでもたびたび登場するであろう看板です。

ここで1枚記念撮影を撮っておきましょう。

ハイ!

ここからは陸路で向かいます。
ジャングルの中を歩いては行きます。

道もコンクリートである程度舗装されていますので、土ぼこりは付きますが、サンダルで行っても問題ないですよ!

写真の僕もサンダルですし!

では、さっきの看板の左の道を歩いていきます。
ちょっと入ると景色は、もうこんな感じ(笑)

やはり南国の森ってだけあって、緑の深さが日本とは違いますね。

なんだか鳥の鳴き声と川の音しか聞こえない静かな雰囲気になってきます。

王族しか許されなかった神聖な地だったというのも頷けます。

さらに進んでいくと、ツタで木の幹すら見えなくなってきます。

このような雰囲気のジャングルを10分ばかし進んでいくと・・・

シダの洞窟のある広場に到着します!

シダの洞窟に到着!

緑の木々に囲まれた奥にあるのがシダの洞窟です。

以前は洞窟内に入ることが出来たそうですが、2006年に発生した40日以上振り続けた雨により地すべりを起こして以来、洞窟内に入ることを禁止されています。

「展望台から見る景色も良いですが、中に入れないのは少し残念な。」

と思っていると・・・

先程ボートに乗っていたスタッフたちの準備が整ったのか、ここでも演奏の披露が!

映画『ブルー・ハワイ』でエルビスプレスリーがこの地で歌った「ハワイアン・ウェディング・ソング」を聞けます。

この映画当時大ヒットしたらしいですが、公開されたのが1961年(笑)

しげ
僕は1991年生まれ30歳も年上の映画はさすがに知りませんでした。

ただ、この地で聞くハワイアンミュージックは、それはそれは癒されました~~

 

そして帰りもジャングルを通って・・・
船に乗ってクルーズを帰ります。

乗る船によっては行きではなく帰りに生演奏やフラの披露があることもあります。

帰り道はカヌーで川を上っていく人たちともすれ違いました。

カヌーも楽しそうですね!!

※カヌーで洞窟に上陸することは禁止されています。

シダの洞窟の基本情報   

 

ここでシダの洞窟の基本情報をおさらいしていきましょう!

まずは場所は・・・
カウアイ島の東側のエリアでリフエ空港から車で約15分。
ワイメア側の河口に船着き場があります。

〇 船着き場の住所
3-5971 Kuhio Highway, Kapa`a(Smith’s Kauai) (無料の駐車場有)

〇 営業時間
1日4便。9:30、11:00、14:00、15:30出発

→出発時刻を間違えると乗れないので注意!

〇 入場料
大人:25USドル、 子供2~12歳(10USドル)、3歳以下無料

〇 所要時間
約90分程度

まとめ

ハイ!
これであなたもシダの洞窟の情報はバッチリですね。

昔はダイアモンドヘッドとワイキキビーチと並んでハワイの3大憧れの地と言われたシダの洞窟!

ぜひ、その神聖で神秘的な雰囲気を存分に楽しんでみてください。

ちなみにシダの洞窟は船でのクルーズなので屋根があるし、ジャングル内は少しくらいの雨だったら木が傘代わりになってくれます。

なおかつ、雨が降った後や天気が悪く湿気ている方が緑が深く濃い色に見えます!

なんだか天気が悪くてビーチに行くのもな・・・

って日に観光するのもアリですね!!

それでは良い旅を~

コメントを残す