ここが本当に大瀬崎!?ボートダイビングが超面白かった!

大瀬崎でボートダイビングをしたことありますか?

大瀬崎はダイビングの聖地と呼ばれ、非常に多くのダイバーが訪れます。

しかし、ほとんどの人がビーチダイビングのみ。
ボートダイビングをしたことある人はほとんどいません!

それもそのはず…!
大瀬崎にはボートを出すショップがここ数年なく、約10年ほどボートダイビングが出来ていませんでした。

その大瀬崎のボートダイビングが最近復活したんです!!!

ただ、ここで疑問が出てくるのが……

しげ

10年近く誰も潜っていなかったポイントはめちゃくちゃ面白いのではないか!?

そう。
10年近くダイバーが入っていないポイントなんて、なかなか伊豆じゃありえないですよね。

「ありのままの伊豆の海が見れるかもしれない」と思い、行ってきました!

大瀬崎のボートダイビング!!!

ありのままの伊豆の海!ホトケ岩がすごい!

大瀬崎のボートポイントは「ホトケ岩」が1番有名!

ホトケ岩は水深25mにある高さ5mほどの大きな縦にそびえ立つ岩で、その周りにはソフトコーラルがぎっしり映え、イサキやタカベなどの魚影も濃い場所です。

潮通しの良いポイントで時に流れが入ることもありますが、流れがあってソフトコーラルが満開になると本当に凄いんです!!

トップは一面ソフトコーラルに覆われていて、その周りをキンギョハナダイが舞っています。

まるで竜宮城のような景色!!

大瀬崎は先端のキンギョハナダイもすごいですが……
ホトケ岩のキンギョハナダイは根にぎゅっと固まっていて、先端とは違う群れ方をしていて面白い!

しかも、ここにはこんな立派なナンヨウキサンゴも!!!

まるで南国の海のような様相です!
大瀬崎で他のポイントにはこんなナンヨウキサンゴはないので不思議ですね。

ちなみにイメージとしては田子の外洋ポイント「フト根」をコンパクトにしたような雰囲気です。

ポイントの場所は、外海のさらに先でちょうど大瀬崎と井田の中間くらいの場所にあります。

さすがに田子ほどの魚影はありませんが、
(田子は凄すぎる……)

ソフトコーラルだけではなく、ナンヨウキサンゴなども含めカラフルな景観です!
十分写真の撮り応えがあるし、見ていても本当に楽しいです。

岩の隣にも大きな根があり、水路になっています。

ちょっとした地形感覚で通っても面白い。

個人的にはソフトコーラルの谷と呼んでいて壁も地面もソフトコラルがびっしり!
いつかこの水路にイサキなどの魚影が通っているのを撮りたい!!

ホトケ岩の周りにはこんな感じで魚影も結構あるんです!

イサキやタカベは物凄い量いるわけではいないですが、大体いつもぐるぐる回っています。

他にはウミガメやハンマーが出たりと本当に何が起こるかわからない海!!

ホトケ岩の場所は、大瀬崎の外海の延長線上のような場所にあるのですが、写真でわかるとおり別次元の世界。

これが大瀬崎の景色だって信じられますか?

まさにこれぞ伊豆の海の豊かさを象徴するような原風景の海と言っても良いでしょう。

まさに圧巻です!

大瀬のボートダイビングはマクロも面白い!

もちろんホトケ岩だけでなく、その周りのソフトコーラルはめちゃくちゃ立派!

こんな人くらいのサイズの大きなウミウチワがたくさんあるんです。

ついつい海外を思い出してピグミーシーホースを探してしまったり……

あとはこれだけヤギやソフトコーラルがあるってことはマクロ生物も面白い!!

今回はクダゴンベが見つかりました。

このチェック柄と転々と動く感じが本当にカワイイですね。

他にもソフトコールは、色々な種類が生えているので背景は選び放題!

こんな定番オルトマンワラエビを撮ってみたり……

ヤギに隠れるノコギリハギの幼魚も可愛かった!

オオモンカエルアンコウなど大きめの個体が見つかることも多いですね!

潜っているダイバーが少ないから見つかっていないだけで、探せばとんでもない量の生き物が見つかりそう!

ソフトコーラルも多いので、きれいな背景が多く、写真を撮る方にもオススメです!

しげ

結構ホトケ岩にマクロを狙いに潜りに来る人もいるんですよ。

ボロカサゴ登場!!

なんとホトケ岩にもボロカサゴが登場!!!

2020年の大瀬崎は柵下に出たボロカサゴが非常に大人気で目立ってしまいましたが、実はホトケ岩にもボロカサゴは出ていたんです!

しかもホトケの方は1回のボートに乗れる人数が少なく1チームしか入らないのでボロカサゴを誰にも遠慮せず、じっくり撮ることができます。

ボロカサゴを独り占めできるなんて週末ダイバーからすると夢のまた夢!
ボートならではの魅力ですね!!

僕もマクロにワイドに撮りまくっちゃいました!

ここはソフトコーラルがタイミング悪く咲いていなかったのが残念ですが、満開だったらすごく絵になりそうな雰囲気!

奥にあるのが潜降するロープなのでエントリーしてすぐ!
めちゃめちゃ贅沢ですよね!

浅場のソフトコーラルも半端ない!

ホトケ岩で遊んだ後は浅場に帰ってくるのですが、ここで気を抜いちゃいけません!!!

浅場のソフトコーラルが本当にハンパないんです!

ホトケ岩はゴロタの岩1つ1つが非常に大きく、ちょっと地形っぽくなったところやハングしたところなんかがたくさんあって、そこにソフトコーラルがびっしり!!

 

ここまで戻ってくると、外海っぽい雰囲気に変わってきますが、やっぱりソフトコーラルも多い。

キンギョハナダイやテンジクダイが群れている様子はいつ見ても癒されますね。

まるで海外さながらの光景じゃないでしょうか?

これが伊豆本来持っているポテンシャル!

どれだけこの海が豊かなのか。
どれだけ人が入ることでダイビングポイントにダメージがあったのか。

嬉しくもあり、考えもさせられる光景です。

この日は透明度が8mとあまり良くなかったのが残念でしたが、これからの冬の時期は透明度も高くなるので光も差し込み、美しいこと間違いなし!

1本目はホトケ岩をじっくり!
2本目は浅場をまったりという遊び方も最高だと思います。

ダイナミックな景観も!

大瀬崎のボートダイビングのポイントはすべて外海の先の先。

大瀬崎と井田の境界線にあります。

このエリアは断崖絶壁になっていて、ぜひダイビングだけじゃなく移動中の風景も楽しんでもらいたいです。

エントリーエキジットの風景もこんな感じ。

左に行くと大瀬崎の外海、右に行くと井田ですね。

伊豆らしいジオ感あふれるダイナミックな地形を見ることもできますよ。

あとは普段ビーチで潜るダイビングポイントをボートから見るのも新鮮です。

おわりに

大瀬崎のボートポイントはまだ復活したばかり……

未知の部分や探せば探すだけ新しい景色や生き物が出てきそうな予感。

これぞ伊豆原風景というような、ありのままの美しさを感じることができます。

こんな近くにまだ見たことない景色があったなんて、

まだまだ潜らなきゃダメですね!

大瀬崎のボートダイビング情報は、潜るたびにこの記事をしっかり更新していこうと思います。

ちなみに大瀬崎でボートダイビングが出来るのは
ダイビングプロショップ&サービスCOCOMO OSEZAKIだけ!

またこのブログを書いているしげも大瀬崎にほぼ住んでいるので、
興味ある方はインスタやTwitterからDMをいただいてもOKです!

大瀬崎の写真

大瀬崎のダイビング!知らないと損をする本当の魅力【シーズンごとに徹底解剖】

2019年1月28日

また大瀬崎の魅力を知りたい方は合わせてこちらのブログもチェックしてみてください!

YouTubeも更新中!!!

文章だけでは伝わらない海のリズム感や躍動感を伝えたくてYouTubeはじめました!

大瀬の雰囲気とかは動画の方が伝わりやすいかなと思います。

良かったら合わせて見てね!

コメントを残す