小笠原でシロワニとダイビング!!

シロワニ

せっかく小笠原に行くならば・・・

どうしても見たい生き物がいます。

 

それは最大で全長320cm、体重158.8kgのサメ!!

 

シロワニです!!

 

あなたは見たことありますか!?

こんな凶暴な顔をしたサメを!!

後ろにいるダイバーと比べても、シロワニの圧倒的な大きさと迫力がわかります。

今回出会った個体も優に2mを超えるシロワニでした。。

 

シロワニって危なくないの!?

 

そうですよね・・・

こんなに凶暴なオーラを放ったサメと一緒にダイビングなんて怖くて出来ないってのが普通の人の感覚だと思います。

食べられちゃいそうですよね(笑)

でも、大丈夫!!

シロワニは学者からは「巨大な子犬」と呼ばれるくらい大人しく温厚な性格をしております。

人間を襲うことは、ほぼ皆無と言われております。

そして夜行性のため昼間は岩陰などの暗がりで、じっとしており半分寝ているような状態にあります。

 

ゆーーーっくり近づけば、こんな風にシロワニと自撮りをすることも出来ちゃいます!!

写真提供:OceanKIDs 菊川君

ここまで学生ダイバーで写真の上手な子がいるのはビックリです!!

自分も真似してシロワニとツーショット撮ってみようかな?と思ったり(笑)

 

ただし、サメなので・・・

やはり肉食!!

普段は魚や甲殻類、時には他のサメも食べることもありますので、むやみに刺激を与えるのは控えた方が良いですね。

 

シロワニ見るなら小笠原諸島!!

シロワニの分布域は広く、全世界の温帯や亜熱帯の海に生息しています。

ただし、コンスタントに見られるのは南アフリカやオーストラリア、そして日本の小笠原くらいなんです。

小笠原では通年、シロワニを岩陰や洞窟内で見ることが出来ますが、やはり安定して見れるのは冬の時期でしょう。

冬になると理由は完全にはわかっていませんが父島の二見港の湾の中にシロワニが入ってきます。

それも4~5個体で集まっていることが多く、湾内の水深30m前後の沈船の周りに居着きます。

※一説によると産卵のためだとか。

 

ちなみにシロワニはサメでは唯一の絶滅危惧種としてレッドリストに入っており、
毎年安定的に観察できる小笠原はサメの生態を知るにも、とっても貴重な場所なんですね。

 

実際に潜ってきました!

 

今回、僕が小笠原を訪れたのは9月後半・・・

シロワニのシーズンには、まだ早いのですが、今年は数個体目撃情報があるとのことで狙ってみたら大当たりしました。

ポイントは二見港を出てすぐ、海洋センターの前の「駆潜艇」というところです。

水深35mに横たわる沈船ポイントです。

沈船の真ん中にブイが設置されており、ボートからエントリーし、ロープ沿いに潜行していくとそのまま35mの沈船まで一気に辿り着きます。

そして底まで行くと2m級のシロワニが4個体ぐるぐる回っていました!!

シロワニ

しかも、ゆっくり動いているので

こんなに近くまで寄って写真を撮ることも出来ちゃいますよ。

個人的には同じ水深で追いかけるよりも、シロワニよりちょっと上でホバリングして待ち、進行方向に先回りして近づくの一番効率よく寄れるかなと思いました。

 

豆知識

このシロワニの立派な歯は毎週生え変わります。
常に新しい歯が奥から生えてきて、一生涯で3万本もの歯を使うそうです。
シロワニの住む洞窟内では、この落ちた歯を拾うことなんかも出来ますよ!!

この駆潜艇は最大深度35mと深い場所にシロワニがいるので滞在できる時間が非常に短いのが難点。

急いでシロワニを見たら、お決まり沈船でも遊びます!(笑)

 

大砲

写真提供:OceanKIDs菊川君

こんな大砲が、そのまま残ってるのも小笠原の特徴ですね。小笠原には戦争で沈んだ数々の沈船ポイントがあります。

 

最後は浅場に帰って来たら・・・
エダサンゴの群生をのんびり見てエキジットという形になります。

湾内は流れもなく穏やかなので、無減圧を守ればアドバンス以上のダイバーなら楽しめるでしょう!!


ちょっと小笠原行ってみたくなりました??

 

小笠原にはシロワニ以外にも、楽しい魅力がたくさんありますっ!!

もっと知りたいという方は「ダイバーズ学園」で僕の書いた記事も併せて読んでみてください。

東洋のガラパゴス!小笠原へ行こう!

コメントを残す